雨のちカレー
雨とカレーの対比を表現したいと頭に浮かんでるけど、

たぶん「雨と枯れる」「あめぇ と かれぇ」とかそういうことだと思う。

細かいことは自分でもわからない。

そういうのが頭に浮かぶ理由は、つくばのスリランカ人が

洪水後カント平原あらわれてカレーを配っていたから。(NHKのニュースより)

世界の終焉を演出したいやつらが多い中で、機械化された僕達が忘れていた何かを

不意に思い出した気がする。自分はカレーにあう音楽をさがしてみたけど、

なぜかカレーにあう音楽がみつからないのでそのうち見つけてくる。

インド音楽にするとスリランカじゃない感じがするので他の曲をかけたい。

むしろ大塚愛あたりにカレーの歌をつくってほしい。雨上がりに聞くカレーの歌。
[PR]
by ogikublog | 2015-09-16 08:57 | 世界最速・ユーラシア大陸 | Comments(0)
<< 2016年からの大きな流れを予想 インターネットはもはやつまらな... >>