百年不遇
中国語で「とても珍しいこと」を意味する四字熟語として
「百年不遇」というのがあるらしい。
おそらくはその言葉が海を渡ってきたあと不遇じゃあまりにもかわいそうだからと
「千載一遇」という言葉に書き換えられたのだろう。

百年に0回のチャンスをなんとかつかむにはどうしたらいいか?
それはおそらく子供を教育することでしょうね、
子供たちへ歪曲のない自国現代史とその行動理由を。
なかなかないチャンスに備えることっていうのが
生きてくことそのものじゃないんですかね
十年不遇なんて不遇のうちに入りませんよ
百年不遇の意味は、腐らず勉強し、まわりと協力してチャンスをつかめ!
だと思いますよ。百年不遇なら俺がしんでもしょうがない。
他力本願の意味と同じですね。
「千載一遇」という表現では中国人のいう百年不遇のニュアンスは出ない

ロシアの政策というのも同じような我慢比べ戦略らしいです
日本人は機動力を忘れたら絶対に誰にも勝てないので
それだけは肝に銘じておきたいものです。



このエッセイを書くにあたって参考にした資料:
ツイッターの無料中国語講座
[PR]
by ogikublog | 2017-01-31 01:31 | 世界最速・ユーラシア大陸 | Comments(0)
<< 当社のニンジンには他社の食品に... 自分たちの資産を広告づけにして... >>