タグ:映画 ( 5 ) タグの人気記事
エミリーローズ
a0010479_2348869.jpg


んー。ひさびさに良作映画というか、演技派の映画。
ひとことでいうと 科学vsオカルト超常現象の裁判映画。
前半戦は眠いものの、徐々にひきこまれていく劇的な作品です。

冷めた目でみれば屁理屈映画ではあるし幕切れはあっけない。

いやー、まあでも精神的におかしい人にはそういう人が群がりますよね。
権力や殺人もからんできますがさらっと流されてます。
そういう意味でもこわいです。
やはり何より怖いものは悪魔より人間という解に収束しますね。
けっきょく事件の真相はわからず、問題も解決しませんが
娯楽映画、つづきが気になる映画としては一級品。
こたえを出さなかったので観劇後にも討論の余地がある・・・
非常に釣りのうまい映画でした。
もうレンタル屋にあるのかな?夏の夜におすすめです
[PR]
by ogikublog | 2006-07-21 23:57 | 映画
superman
きょうスーパーマンを見ました。

証拠写真
(左・クラークケント、右・ジャンボ旅客機)
a0010479_19421175.gif思ったより速いし思ったよりカッコイイし何だか古き良きアメリカっていうのを思い出しました。夢があるなあ。彼が言うには、「飛行機は安全な乗り物だからこれからもこりずに飛んでください。」とのこと。スーパーマンってリゾート行くのにも青タイツで飛んでいけるから便利だと思いました。
[PR]
by ogikublog | 2006-07-19 19:47 | 映画
交換しようぜ第三回
a0010479_1311937.jpg

V for Vendetta

Vフォー・ヴェンデッタのDVDビデオ。


どうっすか?おもしろいっすよ。まじで。
ダヴィンチなんかより全然。
でも強襲ネタのとこがインサイドマンと
おなじトリックでちょっと目が覚めた。
マトリックスでおなじみのオカマ兄弟が脚本だっけな
[PR]
by ogikublog | 2006-06-12 13:06
リベリオン感想文
原点にかえって、たまにはガラの悪い投稿を...


うぅ、うぅ・・・く、くるしい
なんだか最近、ブログ書こうとするたびに病気が・・・



「インサイドマンを試写会で見た」
なんてネットでいう人って
ほんとうなのかな?とうたがってしまう。
なぜなら僕は試写会でないところで見たから。。
8割くらいまではとってもおもしろいのだが
さいごが説明不足でよくわからんし
オチがないまま終わってしまう。
けっこう適当につくってある映画。
来週にはわすれてそうだ。

で、リベリオンという映画もみたんですが

B級だけどもおもしろかった。
「感情」こそが人間であるがゆえの要素であり、
本能的にはヒトは殺し合いをし、
いつの時代も戦争するという皮肉。
音楽を聴き、インテリアに凝り、本を読み
映画をみにゆく。人を好きになったり、ライバルを蹴落としたり
ニンゲンはどこまで行ってもおなじことを繰り返してる・・・
[PR]
by ogikublog | 2006-06-03 03:36 | 映画
尿検査ムービー:主演女優ゆま
a0010479_1115785.jpgガタカ:いい映画でした。けっこう古いのに今までこの映画の存在を知らなかった。電波なSFムービーですね。社会風刺というか、テーマが映画らしい映画。未来ものSFで、こまかいところがスタイリッシュってDVDの説明に書いてあります。うーんでも、シーンは尿検査、採血、尿検査、採血、お風呂ゴシゴシ、尿検査...クロールと延々つづいてゆくシュールな映画。っで、このガタカっていう映画をみながら、きれいなフランス人みたいな女優だれ?って本気でずっとおもってました。なるほど、母がスウェーデン人なので北欧系の彫りの深い顔なんっすね、って、、、ユマ=サーマンかよ!!びっくりしました。てか、ユマさんはタランティーノ監督とできてるんでしょうか?パルプフィクションはむかし見たんだろうけど記憶に無い。キルビルは1、2と見ました。って思ってたら、このガタカの主演の人と結婚して子供がいて、別居して離婚寸前?はあ。アメリカ人って忙しいね。すでにユマさんはバツイチだそうです。ってか、ブログの看板にパロディでつかってるのに、映画みててずっときづかないなんてちょっと、それはどうかな?と反省。やっぱ30前の女のひとってきれいですね、ホント。この映画のテーマは、可能性とか、数字じゃなくて、努力しろみたいなこと、あきらめるなってことですか。テレビのない生活に、たまに映画みるとすごく面白く感じます。てわけで、ブログのトップ画像は、ゆま一色なのでありました。いや〜女の人は若いうちに結婚するべきだね。キルビルなんて超電波なおばさんが出てるコメディだもんねー
[PR]
by ogikublog | 2005-03-03 01:25 | 映画