イノセンス
2003年 押井守 脚本・監督
原作マンガ:「攻殻機動隊」 士郎正宗 作

の、アニメーション映画です。DVD/ビデオ発売中・レンタル中。
アニメにもかかわらず、ふいをつかれて
さいきん1年でみた映画のなかでいちばんよかった。
アニメですが背景などにCGを多用。
音楽や街の風景がアジアらしく混沌な感じですばらしいです。
アジアの色合いって、赤(朱色)なのかなっておもった。
なんだか話をしている場面よりも
声のない風景のほうが印象にのこる不思議な作品。
セリフには偉人の残した言葉の引用多数。
原作マンガは、マトリックスにパクられたという伝説の秀作。
ほかハリウッド映画に多大な影響を与え・・・
映像的にもかなりパクられてます。
ジブリも、各所でイノセンスをパクろうとしてますが失敗してるよな。
どうやらコピーはオリジナルより劣化してるようだ残念。
内容は、近未来の、、うーん、、刑事もの設定で
ニンゲンのようなロボットのようなものがでてくる、
なんともシュールで世にも奇妙な物語。

感想文かいてもアレなので何かこうかな

まあ百聞は一見にしかずってことですかね。
漢文マニアにおすすめ。
繰り返しフレーズ/映像もいくつかでてきます。
そして映画イノセンスでは、
こんな怖い顔の日本人形的ダッチワイフが
うじゃうじゃ出てきて戦います。シュールですね
a0010479_22258.jpg

[PR]
by ogikublog | 2005-01-06 02:30 | 映画
<< ピ斬り 流行の循環と パクリについての考察 >>