人気ブログランキング |
糸井重里によるロボット批評
 機械は、人間よりも上手にものをつくってくれた。
 バラつきのないものやサービスを、
 人よりもずっと速くつくってくれた。
 そして、機械は、機械をつくってくれるようになり、
 さらに、人が頭を使ってやるようなことも、
 ずっと速く正確にやってくれるようになった。
 
 文句も言わずによく働いてくれる
 機械という奴隷のおかげで、ものもサービスも、
 たくさんの人の手に渡った、
 そして、しかたなく時間をかけてやっている労働から、
 人びとを解放してくれた。
 
 ここまでは、いいことづくめのように思えるのですが、
 なかなかそうはいかないものでした。
 「手間ひま」を人間がかける仕事を、
 機械が引き受けてくれたものですから、
 機械にできない仕事を探さなくてはならなくなりました。
 機械に仕事を奪われたと言うけれど、
 それは、人間が「したくない」と思ってた仕事ですよね? 
 
 機械に渡した仕事のなかに、 
 ほんとうは、じぶんでやりたい仕事が混じっていたのか。
 それとも、機械がやっているのをみて、
 人がやったほうがおもしろいかも、と思ったのか。
 ぼくには、よく説明はできません。



すべてを自分のかわりにやってくれる奴隷を手に入れた後
人間は天使をめざして何をするのかってテーマか


by ogikublog | 2013-06-29 11:34 | アイツを窓から投げ捨てろ!
<< 中止ネタ:有料メルマガのテーマ メルマガもアフィも基本が詐欺な... >>