炊飯器の里帰り
別に誰かに頼まれたわけでもないけど
次に何を書くかを延々と考えた結果ひねりだされたのが
炊飯器についてです。炊飯器はアジア独自の機械だろうから。

資本主義で猛威を振るう中国と炊飯器について

中国人が日本に来て中国製の炊飯器を買って帰る。
資本主義とは本当におそろしい。
中国人は自転車にのって自国の工場へ行き
日本メーカーの炊飯器を買えばいいだけなのに、
中国人は自動車を乗り回し排気ガスをまきちらし
じぶんたちの首都の見通しを悪くしたあと
鉄の塊をとばして最果ての島国で炊飯器を買う。
大きなダンボールをカートで飛行場まで運ぶのだ。
もともとその中国製炊飯器は
中国大陸の工場で製造され何日もかけて船で島まで運ばれ
トラックでお店まで運ばれてきたものだ。
中国人は炊飯器で米の味が変わると思っている。
以前このブログに書いた天使の印を、いや炊飯器なら
象の印をもとめて旧暦新年早々に空を飛んで買い物にやってくる。
販売員にとってみれば彼らは天使かもしれない。

もしも中国人に最短距離を教えたら彼らは何と叫ぶのか?
彼らはバカだけど金をもっているのか?
結局、資本主義は工場と為替ですべてが決まる。
もちろん為替はえらい人たちの談合で決められている。
中国人は自分らの国に工場がいっぱいあるおかげで
お金を儲けているという自覚がないんだろうか。

そのうちこの島国に物ではなく天使の印だけを
買いに来る中国人富豪がたくさんあらわれるだろう。
日本人は相変わらず刻印を挿げ替える作業をしているけど、
彼らに天使の印をすべて買われて不動産も買い占められたら
日本人はどこで何をするのか?その中国人が
日本という天使の印をばらまいたら日本人は何をするのか?

諸外国から
「ラーメン餃子を箸で食べて漢字を使う中国人が富士と桜の国にいる」
のを見たらそれはもう完全に日本人じゃないか?
日本で天使の印を売ってる中国人をみたら見分けがつかない。

そもそもそんな繰り返しを何度もしてこの国は進んできたんだろう。
その違いはDNAじゃなくて島か大陸かでしかない。
逆に日本人が中国で中国語をしゃべればそれはもう完全に中国人じゃないか。

戦争で負けたとき日本人は中国大陸からたくさん引き揚げてきたけど
これじゃもうどっちがほんとの里なのかはわからない。
海は必要だけど国境っていう概念は必要なのか疑問に思う。

by ogikublog | 2015-04-06 12:34 | アイツを窓から投げ捨てろ!
<< 「天使のゆびわ」と世界の終焉 真冬の深淵に咲く、太陽の花 >>