エミリーローズ
a0010479_2348869.jpg


んー。ひさびさに良作映画というか、演技派の映画。
ひとことでいうと 科学vsオカルト超常現象の裁判映画。
前半戦は眠いものの、徐々にひきこまれていく劇的な作品です。

冷めた目でみれば屁理屈映画ではあるし幕切れはあっけない。

いやー、まあでも精神的におかしい人にはそういう人が群がりますよね。
権力や殺人もからんできますがさらっと流されてます。
そういう意味でもこわいです。
やはり何より怖いものは悪魔より人間という解に収束しますね。
けっきょく事件の真相はわからず、問題も解決しませんが
娯楽映画、つづきが気になる映画としては一級品。
こたえを出さなかったので観劇後にも討論の余地がある・・・
非常に釣りのうまい映画でした。
もうレンタル屋にあるのかな?夏の夜におすすめです
[PR]
by ogikublog | 2006-07-21 23:57 | 映画
<< ○○だから 2006下半期以降を予測する ... >>