1408
1408号室

というタイトルの映画、2007年アメリカで公開

a0010479_15175858.jpg

ホテルでの一室を描いたホラー映画です。1枚目のスクリーンショットはロビーに入って支配人に禁断の部屋へ宿泊をもうしこむ場面。

人間はなぜ幽霊を信じるか?

という哲学的なテーマにもふれている、最近流行の狭い舞台でのシチュエーションスリラーですが、できることをやりきった感じです。ただし純粋なホラー好きの人は最悪の評価をしている人もいるみたいなので要注意。個人的にはかなりおすすめなのでブログにしるします。日本人には冗談が通じないので難しいかもしれないですが、2008年の日本で公開の際に告知広告をしっかり作って欲しいですね。お金のかかった非常に良い映画だとおもいました。
a0010479_1518820.jpg
「密室に閉じこめられ、空調機のきかない最悪の事態」

a0010479_15184026.jpg
注意・あくまでもニューヨークにあるホテルの一室での出来事です。

ほかにも地獄絵図的なシーンがいくつかありますが、有名映画などからインスパイアーされた映像もいくつかあったように思います。下手したら日本で上映する来年の映画でいちばん面白いものかもしれません。少なくともタイタニックや大日本人などよりよっぽど面白いんじゃないでしょうか。テーマは生きる、生き延びるってことです。
[PR]
by ogikublog | 2007-12-26 15:33 | 映画
<< そのほかのブログリンク キリスト教が原因で中国はまた分... >>