人気ブログランキング |
ザ・スタグフレーション
主要15品目の代表的なメーカー品を中心に値上げ前と5月の店頭価格や売上高(来店客1000人当たり)の変化を調べたところ、10品目で値上げ前より売上高が落ちた。

日経新聞の記事
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080617AT2F1200M16062008.html
紙面より(前月平均と5月を比較)

品目の変化               店頭価格の変化  売上高

日清食品「カップヌードル」(77g)    88円→118円  ▼52%

山崎製パン「超芳醇」(1斤)         121円→149円 ▼27%
明星食品「一平ちゃん夜店の焼きそば」(135g)       ▼14%
東洋水産「マルちゃん赤いきつねうどん」(96g)       ▼33%
日本ハム「シャウエッセン」(138g)     277円→271円 △ 9%  
※内容量を減らした「実質値上げ」
キッコーマン「キッコーマンしょうゆ」(1L) 180円→202円 ▼15%
ハナマルキ「だし入り風味みそ」(1kg)   237円→287円 ▼29%


ーーーーーーーーーーーーここまで参考のため引用


消費者は値段しか見ていません。
内容量を減らした実質値上げは続々と増えていますが
内容量を値段以上に減らし包装も簡素化、値下げしたように
みせかければ売り上げはまだ伸びる。
消費者は数字は読めるが、割り算はできない模様。
小学校で習うのにね
会社に入っても初めに「単価」の概念を
叩き込まれるとおもうのですが。
a0010479_16442037.jpg

データを見れば当然、CMにキムタク使ってもダメだよな
となるところですが、日清食品にしたって
おなじ材料の水増し商品であるスープヌードルが
かなり売れているのではないでしょうか
総理大臣役のドラマで本人が言わされてましたが
CO2目に見えないのに削減したかどうかなんて
わからないじゃん

変わろう
・企業経費節減のために
・小麦高、包装費高、燃料高でも利益をなんとか出すために
・そしてバカ高いキムタクCM代を払うために

なんてひどい企業でしょうねえ

今年の水面下流行大賞は「水増し、上げ底」といった
スカスカ商品でしょうね。中身がないのが美徳の時代
まあみんな自然にダイエットになっていいかもね
by ogikublog | 2008-07-06 07:06 | 新商品・食品
<< 赤いキツネ2008 クラスに●人は いたよね >>