before the Devil knows you're dead
May you be in heaven half an hour
before the Devil knows you're dead
(アイルランドのことわざだとか、解説文よんだけどよくわからない)

ひさびさに映画みました。
こないだアバター見たし久々ではないか。
その土曜日、なんたらかんたら
っていうしょうもない日本語タイトルがついてるんですが
原題は ビフォー ザデビルノウズ ユウアーデッドです。

というわけで、どうも見習い悪魔です

この映画をみたあと、
ストーリーについてよくわからない点がたくさんあるので
調べてみたけどインターネットのブログなどは
やはり広告宣伝のためのほぼ自作自演だと思います。
感想さえもコピーアンドペースト。
販売促進のための思わせぶりな同じ内容の記事が
コピペしてあるだけです。で、それを真に受けた
ブロガーが儲からないアフィリエイトのために
感想文を読んでそれを真似て記事を書く、
悪循環ですねえ、この映画と同じです。

この映画と同じといえば、
3日くらい前、領収証かけないから
お前やっとけ
みたいなことを僕も兄弟から言われたんですが
死ねカス、自分の持ち場くらい自分でやれ
と返信しておきました。

えっと
この面白い映画でさえもマイナー扱いで、
本当に見た人はほとんどいない、この映画について
金儲け以外の目的で感想を書く人は
0.00001%くらいでしょうか。

採点は何点?ときかれると困るんですが、娯楽映画として
80点前後かなあ。
感想は面白い、演技はうまい、俳優は豪華、演出もいい、
けど、題材が普通なんですよね。色々こわい感じ

オチは強めで、親父が息子を殺してしまうんですが、
a0010479_1751022.jpg







人間にはこれが普通の殺し方に見えるんでしょうか?
あきらかに殺し屋稼業の方法なんですよね、

つまりニューヨークの大きな会社?の
給与担当の経理部クンがホモ麻薬サービス(本人は両刀)
にお金をつぎこんだので、実家の宝石屋を襲撃して
埋め合わせをしようというお話です。

で、実行犯を弟にやらそうとしたら、弟が友達?をまきこんで
その友達がミスって家業をやってる母親を殺しちゃったので
親父が本性をあらわして息子を殺すというそれだけの話です。

ほかのウンコサイトの感想文に、
時系列をぐちゃぐちゃにする演出に対する批評や、
人間が悪くなってどんどん悪い方向へ・・・

と書いてありますが、この家族ははじめから性悪の
殺し屋でしょ、とくに父親。だいたい感情にまかせたら
あんな用意周到な殺し方しないし。
つまり他人を殺して金をかせいで
その金で家族をやしなっていた、
盗品などの宝石商ってことだろう
それを人間界では、貴金属店経営などと
言ってるだけのことで。
裏社会の映画かと思ったけど、
いや自営業としてはよくある手法です。
大きなヤクザの組織に属さなくても珍しくないでしょ。
それを現代の日本人はまったくしらないから
ほんと困る、まともな話はできない。

ところでこの映画監督はすごく年をとった有名な人らしいんだけど
ぼくはしりません、登場人物もイーサンホークしかしりません。

でも年とって、こんなリアルで夢のないバッドエンド映画とって
お前、何してんの?って死ぬ30分前まで問い詰めたいよ

まあ女の人はこの映画大好きなんじゃないかな
でも何で兄貴の奥さんとSEXしてるのかそこがよくわからない。
わざとってことなんだろうな。
性悪殺し屋家族っていうのは実在するってことで。
でもそういう女のやり方も普通だからつまらないんだよ
全然悪魔じゃなくて純度100%の人間界だわ

見てる最中はこわいけど、結局駄作だよなあ
悪いやつは長生きするっていう、それだけの話。
そういえば日本人って長生きだよねえ

ああ、そうそう家族とか関係ないからほんと。
この世界は殺し合いだよ
兄弟が助けてくれるとか妄想もいいとこ

人間は
他者を殺して金をかせいでるのに
なぜ天使のふりをするのか??
人間はほんとうにわからない。
他種族をころしてるんじゃなくて
同族殺し合いなんですよね。
まあお前らみたいなちっぽけな人間は
兄弟仲良くシャブ中セックスでもしてろってこった
そういう強いメッセージ性のある名作だと思います

殺しで思い出したけど、あの秋葉原の無差別殺人、
あれってやっぱよく訓練された軍の人間かなにかだよなあ
そうじゃなかったらすんごい才能で金かせげたはずなのに。
もしくはその殺人じたいが嘘のニュースか。
刃物であれだけあざやかに殺せるっていうの不思議です
銃ならまあ、でもあんなにたくさんは殺せないかな
社会や人間に対する憎しみはわかりますけどねえ

彼もまた業を背負った殺し屋一家なんじゃないかなあ
なんて思う。
そこにあるのはやっぱり悲しさや切なさ。
何かしらの命を殺してエネルギーを奪わないと
自分自体は生きていけないっていう。
だから農業をやって植物を主に食べてた人間は
健全だったような気がする。
少なくとも殺してるって自覚してるから
あの頃は天使のふりなんてしてなかったはずだ
山に動物を狩りに行く姿は自然そのものだった
[PR]
by ogikublog | 2010-02-07 18:10 | 映画
<< いつも天使のふりをする日本 人間界から質問をいただきました... >>